『帰ってきた!しゃかえもん! 越谷ボードゲーム祭り!』 だより/後編(2013.5.4)

埼玉県越谷市のしゃかえもん宅で不定期に開催しているゲーム会のレポートです。



【前編はこちらから】


*********



>『人狼』

前日にTwitterで知り合った初参加のたかみぃ氏が合流。

11人も集まったらやるっきゃないでしょ!人狼!

これだけで一本レポートが書けますので、のちほどアップします。ご期待のほど。。。(ニヤリ)


*********

>『アノコロの俺ら』 http://kumagumahanten.blog.fc2.com/

アノコロの俺ら

人狼に疲れ果て、何か軽めのゲームをということで、先日のゲームマーケットで買ってきた『アノコロの俺ら』を。



しかし、軽めといってもあなどってはいけません。

実は今回のゲームマーケットで私が(ロストレガシーよりも惨劇RoopeRΧよりも)一番手に入れたかったのは、これなのです。

なにしろこのゲーム、80年代・90年代の出来事やTV、ホビーなどの知識を問われるクイズゲー。
わたくし含め、今日集まったメンバーは全員、80年代後半から90年代前半の生まれの人たち。

こんなもの盛り上がらないわけがない!!!



ルールはというと・・・

すべてのカードには、表に出来事(【スーパーファミコン発売】など)が書かれ、
裏にはその年月日(【1990.11.21】など)と、その出来事の詳しい説明が書かれています。※1

それを山札にして、3枚表向きに(年月日が見えないように)場札として置き、山札の1枚目を裏向き(年月日が見えるように)に開始札として置いたら準備完了。

ターンが回ってきたら、場札の一枚を選び、すでに表向きになっているカードの年月日よりも、「過去」なのか「未来」なのか判断して上か下に置きます。
置いたら答え合わせ。
当たっていたら、このチャレンジを繰り返せます。間違っていたら、正しい位置に置きなおして、次の人のターンに。
途中、好きなところでチャレンジをやめて、その時点で裏向きになっているカードをすべて獲得できます。

山札が尽きた時点で、一番多くカードを持っていた人の勝ちです。※2



カスピ氏、タカシ(仮)氏が抜けて8人になりましたので、2人ずつ4チームに分かれてチーム戦とすることに。

(みつを&ブラザー氏チーム、ハンター&たかみぃ氏チーム、しぶしげ&鶏男氏チーム、みお氏&しゃかチーム。)




しぶしげ氏「【だんご3兄弟】って懐かしすぎるでしょw」

みお氏「【『幽遊白書』第19巻発売】・・たしか幽白とスラダンはほぼ同じ時期に連載終了してるから・・・」

おうじ氏「【ミニ四駆】って88年かあ。意外と古いなあー。」


予想通りの大盛り上がり。


ブラザー氏「【『機動戦士Zガンダム』第21話「ゼータの鼓動」(Zガンダム初登場回)】は確か85年です。」

最年少のはずが、一部の古いロボットアニメにやたら造詣の深いブラザー氏。


鶏男氏「えっと【バック・トゥー・ザ・フューチャー】は85年。【ターミネーター2】は91年ね。」
しぶしげ氏「自分の手番じゃないのに教えちゃだめじゃん!」
鶏男氏「だって言いたかったんだもん」


そう、敵を利することがわかっているのに、どうしても喋りたくなっちゃう。トリビア系ゲーム(『ファウナ』など)にありがちな現象であります。



たかみぃ氏「【『新世紀エヴァンゲリヲン』第一話『使徒襲来』】・・・たしか小5くらいのとき・・・社会科見学のバスの中で、アニメ好きを自称していたAくんが、後ろの方の席で『エヴァっていうすごいアニメがあってさー』って語っていた記憶が・・・」


このように普通は思い出さないような些細な記憶を呼び覚まされるのが、このゲームのすごいところ。


ちなみに他のチームは皆オタクなので、このとき、全員答えを知っていました。


たかみぃ氏「・・・あれは・・・たしか・・・・97年!(めくる)」


→答え【1995.10.4】



残念!Aくんはちょーっと乗り遅れていたようですねー。※3






ゲームも終盤。


しゃか「【加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ】※4・・・微妙だ。少なくとも3、4歳のときにはすでにケンちゃんラーメンは新発売だったはずだが・・・・」

自信がなければ途中で止めることもできる、しかし、次のチームに手番を回してしまえば逆転の可能性もある。
けっこうしっかりとジレンマもあるのです。

まあ加トちゃんケンちゃんで真剣に悩んでいる自分について葛藤しろよ、というはなしですが。。。




・・・結局、加トちゃんケンちゃんをギリギリで当てて、みお氏&しゃかペアが10枚獲得で一位!


でも、この手のゲームは点数関係なく、楽しんだモノ勝ちって気がします。



しかしこれって、対象世代によってカード内容を変えれば、いくらでもリメイクできますよね?
とくに60・70年代にして製品化すれば、昭和ブームも手伝って大ヒットするんじゃないでしょうか。ワンチャンあるで!


熊熊飯店さん、期待しています。※5



  • ※1
    単純に資料としてもいい感じです。


  • ※2
    似たゲームに『タイムライン』http://hobbyjapan.co.jp/timeline/があり、そちらを未プレイのしゃかは、ルールをパクってカードだけローカライズしたのかと思っていましたが、たかみぃ氏によると全然違うルールとのこと。
    それをきいてさらに評価が上がりました。


  • ※3
    『エヴァ』と『飛べ!イサミ』と『ナースエンジェルりりかSOS』は95年!これ常識ね!


  • ※4
    ゴールデンタイムにお茶の間に堂々とおっぱい流せた時代があったのだなあ。


  • ※5
    とりあえず我々世代としては2000年代の拡張セットがほしいところ。






********

『キャット&チョコレート 幽霊屋敷編』 http://www.groupsne.co.jp/products/bg/bgdetail_1.html#ccghost

一息ついて、これもコミュニケーションゲームとしてはテッパンの『キャット&チョコレート 幽霊屋敷編』
ひきつづき8人でプレイ。※1

キャット&チョコレート


毎回中央の山札を1枚めくると、幽霊屋敷で起こる危機的な状況が書かれています。
そのアクシデントを手札にあるアイテムのカードで乗り越えるのですが、
このゲーム、カードのパワーなどがいっさいありません。

ただひたすらに、想像力を働かせて、創意工夫でクリアします。

たとえば、
【『バルコニー』唐突に足元の床が崩れる。このままでは落下する。」
であれば、

しゃか「まずすばやく【ジーンズ】を脱ぎ、【バール】を結び付けて投げ、バルコニーの手すりにひっかけて事なきを得ます。」

という具合です。
(なお、手札は3枚ありますがクリアに使う枚数は毎回指定され、「2枚」と指定されたら必ず2枚使わなければなりません。)

その回答に対して、他の全員でアリかナシか判定を行います。多数決で認められればそのアクシデントを獲得できます。

ゲーム終了時に、事前に非公開で配られていた陣営カードを公開して、獲得数の合計が多いチームの勝ちです。



今回はたかみぃ氏にインストをしてもらいゲーム開始。




以下、印象深かった回答をハイライト。




【『居間』―ソファーやテーブルが突進してくる】・・・使用枚数:3枚

ブラザー氏「【チョコレート】【ガム】で気を引いている間に、【古い鍵】で逃げ出します。】

しゃか「ソファーがチョコをほしがるかぁ?ベトベトになってまうやん。」


投票・・・却下!


ちょっと苦しかったようです。


ちなみにこの後、ブラザー氏は毎回、何かしらに襲われるアクシデント(植物から悪魔まで)を引き続けます。受難。




【『厩舎』―毒蜘蛛に噛まれた。早く治療しなくては!】・・・使用枚数:1枚

おうじ氏「【ダイナマイト】で患部を吹き飛ばします!」


んーーかなりワイルド!そのあとの屋敷探索が心配ですが・・・


投票・・・承認!




【『客室』―チェーンソーを持った男が襲いかかってくる。】・・・使用枚数:2枚

しぶしげ氏「まず【本】を投げて一瞬怯ませます。その後隠し持っていた【チェーンソー】で切りかかります。」


さすがのチェーンソー男も、まさか相手もチェーンソーで来るとは思ってもいるまい。


投票・・・承認!




【『召使部屋』―醜い老人が自らを傷つけようとしている。止めなければ!】・・・使用枚数:3枚


こういう自分以外のパターンもあるんですね。


みつを氏「この老人は、自分の醜さを嘆いて死のうとしてるんですね。・・・ですからまず【タキシード】でおしゃれに変身させます。

たかみぃ氏「なるほど、これなら仮に救えなくとも「醜い老人」ではなく「おしゃれな老人」になるわけか。」

みつを氏「さらにぴかぴかの【運動靴】を穿かせます。」

しゃか氏「タキシードに運動靴はどうなのよ?オシャレ度下がらなぁい?」

みつを氏「最後にこの【水晶球】で美しくなった自分の姿を見せます。」

しゃか「なるほど!これなら足元は見えない!」


投票・・・承認!




【『化粧室』―左右の壁が迫ってくる。このままでは押しつぶされる。】・・・使用枚数:2枚

みお氏「えー、まず【ナイフ】で壁につっかえ棒をし、隙間をつくって出口にいきます。」

しゃか「なるほど、みおさんくらいスレンダーなら問題ないでしょう。しかしそれだけで解決じゃないですか?もう一枚使わなければなりませんよ。どうします?」

少し考えるみお氏。。。

みお氏「・・・余裕があるのでチップ(【札束】)を置いていきますっ。

一同「おー!!!!」


さすが姉さんキップがいいや!!!



投票・・・もちろん承認!!!




【『寝室』―最高の女性が誘惑してくる。だが彼女は明らかに悪魔だ。」・・・使用枚数:2枚

むむ、これはある意味最強のピンチだ。

たかみぃ氏「こういう悪魔の場合、必ず契約書というのがあるものなんです。そこでこの『取り寄せバッグ』(【革鞄】)で契約書を取り寄せ【万年筆】で内容を書き換えます。
その上で安全にセックスします。

しぶしげ氏「セックスはするんかい!」
しゃか「取り寄せバッグはずるくなぁい?ただの鞄じゃん?」
たかみぃ氏「いや、これが2013年の最新モデルなんですよ。」


投票・・・・ギリギリ承認!!!


しゃかは反対票を投じましたが、たかみぃ氏のなぞの説得力で承認されてしまいました。※2






てな具合で終了。どっちの陣営が勝ったかというと・・・忘れました(爆)※3




皆さん思いのほか妄想力・・もとい想像力が逞しいようで。たいへん楽しゅうございました。

「ビジネス編」「学園編」などもあるそうなのでやってみたいですね。




  • ※1
    一応製品としては3-6人となっていますが、陣営カードを他の物で代用(今回はUNOの赤と青のカード)すれば何人でも問題なく遊べます。


  • ※2
    百歩譲って、取り寄せバッグの件は認めよう。しかしだ、ちゃっかりセックスはしよう、という魂胆が気に食わない!ずるい!


  • ※3
    陣営戦の要素というのは、投票の公平さを担保することが目的であって、そんなに重要じゃないんですよね。





  • ********

    『私の世界の見方』
     http://shop.tendays.jp/2_30.html

    さてさて、鶏男氏が帰り、しぶしげ氏とみお氏がラーメンを食べに行きますが、
    残った5人で、まだまだ終わらないゲーム会。

    最後は『私の世界の見方』

    私の世界の見方


    一人が出題者になってお題カードをめくります。
    お題カードは穴埋め文になっていて、たとえば、

    【虹のふもとには○○がある】

    とあり、この○○にふさわしい単語を、各自手札にあるカードの中から裏向きに出題者に渡します。
    (このとき山札の上から1枚、NPCの回答として加えます。)

    単語カードをシャッフルして誰が出したかわからないようにしてから公開します。

    たとえば上のお題だと、

    【流れ星】なんて綺麗なものから、
    【相撲】なんてシュールな組み合わせから、
    【電気椅子】なんていう物騒なものまで、バラエティーに富んだ単語が用意されています。

    回答が揃ったら、出題者が一番気に入ったものを選び、それを出した人がお題カードを獲得。

    規定枚数を最初に集めた人が勝ちです。※1



    ・・・いままでのレポートからお察しの通り、このメンバーで盛り上がらないはずがなく。


    詳しく振り返りたいところですが、紙面の都合もありますので、優秀作品のみ掲載いたします。味わってみてください。




    【センセーショナルなギネス世界記録挑戦―柱の上で45日間○○】



    【歯医者通い】




    【スコットランドの人気のない湿原地帯では、まだ時折○○を見かける。】



    【アナン国連事務総長】



    【○○をリモートコントロールできたらすごくうれしい。】



    【新垣結衣】※2



    【トライアスロンの選手の中には、禁止された方法で人知れずライバルを妨害するのがいる。たとえば○○なんかで。】



    【毎日30分間ジョギング】



    【天皇陛下が来年の年頭挨拶で○○の問題に触れてくれたらなあ】



    【精神不調】※3



    【よくあるホラー―○○】

    【動くゲイとレズビアンの会】※4



    【私は引田天功が○○を消してしまうマジックを見てみたい。】



    【戦禍】


    【作文で「私は○○と△△の合いの子です」と書きたいな。】



    【アーノルド・シュワルツェネッガー】【北海道の田舎娘】



    【○○―エロいね!】



    →【栗ようかん】※5






    • ※1
      『アップル・トゥ・アップル』http://gioco.sytes.net/appletoapple.htmとルールはほぼ同じ。お題、単語カードのクオリティが上がった上位互換と考えればよいです。ルール的に違うのは2単語のお題があるところと、NPCの回答をまぜるところ。


    • ※2
      日本でなじみのない人名などは、すべて日本人向けに変えてあります。たとえば【DJBoBo】は【江頭2:50】になっています。逆にDJBoBoが気になります。


    • ※3
      なんかきわどいワードが結構出てきて『アップルトゥアップル』より大人向け。


    • ※4
      ゲイ絡みはオールラウンドに強力なカードです。


    • ※5
      一番最後のラウンドでこのお題!この回答!・・・我々は大いなる意志に祝福されている!




    *********


    みお氏としぶしげ氏がラーメン屋から帰って来て、23時過ぎにお開き。

    大満足の一日でありました。

    参加してくれた皆さん、ありがとうございました!




    なお、しゃかえもんはこのあと朝までアルバイト。
    睡魔との戦いという最も過酷なゲームへと向かいました・・・

    眠眠打破


    *********

    次回、『大長編!しゃかえもん!ボゲ太の重ゲー鬼岩城』。

    たーーーのしみにまっててねえーーーーーーーーー!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    お誘いあざます!!\(^o^)/俺が帰ってからそんな楽しいそうなゲームを(´;ω;`)また誘って下さい(^^)
    プロフィール

    しゃかえもん

    Author:しゃかえもん
    ********
    埼玉県越谷市あたりに生息。

    108の煩悩を操る煩悩マイスター。

    非電源系ゲーマーです。(ボードゲーム、カードゲーム、TCG,TRPGなど)

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    twitter : @shakaemon
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR