スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃかえもんのボドゲ説法vol.7  『プエルトリコ』

プエルトリコ

(過去にmixiで友人向けに書いた記事を加筆・修正しています。情報の古さはご容赦ください。)

過去の説法はこちら↓

【しゃかえもんのボドゲ説法vol.1  『ドミニオン』】
【しゃかえもんのボドゲ説法vol.2  『ごきぶりポーカー』】
【しゃかえもんのボドゲ説法vol.3  『カタンの開拓者たち』】
【しゃかえもんのボドゲ説法vol.4  『ロストシティ』】
【しゃかえもんのボドゲ説法vol.5  『ファウナ』】
【しゃかえもんのボドゲ説法vol.6  『パンデミック』】




しゃかえもんが趣味のボードゲームについてのよしなしごとを、そこはかとなく書き付けるコーナー。あやしうこそものぐるをしけれ。




********






『Board Game Geek (ボードゲームギーク:BGG)』http://boardgamegeek.com/というウェブサイトがございます。

ボードゲーム関係のサイトとしては間違いなく世界最大であり、この世にウン万と存在するボードゲームの情報が日々集まっています。※1


このBGG、ユーザーがゲームを10段階評価するレーティング機能というのがあり、
その点数によるランキングも公開されています。

今回紹介する『プエルトリコ/Puerto Rico』は、発売された2002年以来、
そのランキングで6年間不動の1位として君臨し続け、
その後も現在まで常に5位以内をキープしているという※2
殿堂入り級のボードゲームです。http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-2003.html




ただし、このサイトに集まる人々は世界中のヘビーゲーマー達。

そんじょそこらのファミリー向けゲームじゃ満足できない猛者達です。



彼らが評価するこの『プエルトリコ』


はっきり言って重たいです。



特殊効果のオンパレードで、

細かいルールが多く、

フェイズ進行は複雑。

ほとんど運の要素はなく、

濃密な駆け引きが求められ、

まともに遊ぶなら3時間は覚悟しなきゃなりません。


とてもじゃないけど初心者には触らせられぬ。

げろ吐いちゃう可能性があります。



しかし、「このゲームをやるために、他のゲームで鍛えておこう」というくらいの価値があるゲームだと、わたくしは思っています。



『プエルトリコ』はカリブ海の植民地経営をテーマにしたゲーム。

そのゲームシステムは、当時先鋭的といわれていた様々なシステムを取り込んでいます。※3

しかし、実際にやってみるとけしてツギハギな印象ではなく、それぞれの要素が美しく絡まり合い、完ぺきな形で統合されている。

「マニアックな要素を集めたら、なんか逆に王道になっちゃった!」

というゲームなのです。


作者のアンドレアス・ザイファルトは、あまり多作ではないデザイナーですが、
忘れたころに新作を発表してきて、しかもハズレがないという評判の人物。※4



さて、日本の漫画家で例えるなら誰でしょう。



・変態かつ王道

・濃ゆい

・生理的に無理な人は無理



ということを考えると・・・



そうです!『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦先生です!※5



でも・・・


・他の作品から(良い意味で)たくさんパクっている

・休みがち 

という点では、『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博に似ていなくもなく※6


・海洋ロマン

・なんだかんだいっても人気No1


という意味では『ワンピース』の尾田栄一郎か…?とも。



いずれにしろ、

「この作品を知らずにそのジャンルを語るな」

という存在なわけです。



・・・とか偉そうに語っていますが、実はわたくし、まだ2人プレイでしかやったことがなく・・・



最適人数は4人とのこと。



近いうちに猛者を集めて、4人プレイをしたいなと思っております。






【今日の教え】

わがドイツのボードゲームは世界一ィィィ!








  • ※1
    わたくしは英語が苦手なためほとんど利用したことがありません。BGGについての記述はぜんぶ受け売り。話のとっかかりということで大目に見てください。





  • ※2
    2013年5月現在、ストラテジー部門4位。





  • ※3
    とくにヴァリアブル・フェイズ・オーダーの採用は、体感的ダウンタイムを軽減してプレイアビリティを高めた上で、ダイナミックなプレイヤーインタラクションを実現し、のちのワーカープレイスメントにも繋がるエポックメイキングなエステティシャンとして、渚のバルコニーでアベノミクスなパックンマックンであります。





  • ※4
    『郵便馬車』『マンハッタン』などがあります。





  • ※5
    この前NHKの番組で荒木先生によるキャラクター創作のワークショップをやってまして、「魅力的なキャラを描くにはそのキャラクターの詳細なプロフィールを考えておく。そうすればブレない。」旨を教えてくださったのですが、先生の作品って途中で明らかに身長変わってたり性別変わっちゃったりするんですけど・・・。





  • ※6
    そんでキメラアント編は終わったんか?



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃかえもん

Author:しゃかえもん
********
埼玉県越谷市在住。

108の煩悩を操る煩悩マイスター。

非電源系ゲーマーです。(ボードゲーム、カードゲーム、TCG,TRPGなど)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter : @shakaemon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。