スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃかえもんのボドゲ説法vol.8  『ニムト』

写真 (52)

(過去にmixiで友人向けに書いた記事を加筆・修正しています。情報の古さはご容赦ください。)



しゃかえもんが趣味のボードゲームについてのよしなしごとを、そこはかとなく書き付けるコーナー。あやしうこそものぐるをしけれ。





********




ド定番です。





漫画でいうと『ドラえもん』くらいのド定番です。



一時期ボードゲームのサークルなどに遊びに行くと、かならずこの『ニムト/6 Nimmt!』http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=92
の卓が立っていました。※1



一回のプレイが短時間で、

大人でも子どもでもわかりやすく、

かならず笑いがあり、

だけど考えさせられる。



わたくしは初めてこのカードゲームをやったとき、

「なんでみんなUNOとかやってんの!こっちの方がぜったい面白いじゃん!」

と一人で憤慨していた記憶があります。※2





ゲームに使うのは1~104数字の書かれたカード。

場に4枚表にして並べ、これが4つの列の最初のカードになります。

全員10枚の手札から1枚選んでいっせいに公開。

出したカードの数字が小さい順に、場の4列のうち、出したカードよりも小さくかつ一番近い数字の列に並べていきます。

ある列の6枚目にあたるカード出してしまうとアウト!その列にあった5枚をペナルティとして受け取らねばなりません。

カードには牛のマーク※3が複数書かれていて、最終的に牛マークを一番集めてしまったプレイヤーが負け。


・・・文字にするとややこしいかもしれませんが、実際にカードをつかって説明を受ければすぐに理解できるはずです。



「この列なら大丈夫だろう」と思っていた列が、みんなが同じように考えていたせいで一瞬でバーストしてしまったり、

逆に「これはもうだめだ」と思っていたカードが、前の人が自爆してくれたおかげで間一髪で助かったり、、、

悲喜こもごもの展開になります。

2~10人まで遊べて、何人でやっても楽しめるところもポイント高いです。





作者のウォルフガング・クラマーは、ボードゲーム界「3K」※4の一人であり、

漫画界で例えるなら、藤子・F・不二雄先生くらいの重要人物です。

(他のデザイナーとコンビを組んでデザインすることが多いあたりも若干の共通点。)※5




F先生が単なるほのぼのギャグ漫画家ではなく、重厚な本格SF作家であることは、ドラえもんの大長編を読めばよくわかっていただけると思います。

クラマー先生も、『ニムト』のようなお手軽カードゲームだけでなく、

中世スペインを舞台に大公として影響力を競う、陣取りゲーム『エルグランデ』や、

インカの秘境を目指し、ジャングルを探検する重量級ゲーム『ティカル』など、

不朽の名作と呼ばれる本格派ゲームをいくつもデザインしている、まさに巨匠です。




・・・ところで、皆さんは藤子・F・不二雄先生の短編集をお読みになったことがあるでしょうか?

『ドラえもん』しか知らない人はかなりショックを受けると思います。

なんというか、夢も希望もない、非常にダークでシニカルな内容の話ばかりです。

手塚治虫しかり、本当のヒューマニズムを描くためには、人間の黒~~~い部分を知っていなければならない、ということなのでしょうか。



わたくしのサブカルの師匠である鶏男氏は以下のように語っています。



『笑ウせぇるすまん』のA先生よりF先生のほうが数倍怖い。
あの絵で今の不条理系ミステリー漫画より
きれいにサックリ人を消す。だから余計怖い。 まじしゃれにならん。

人の欲や不条理な状況をドライに描く。
A先生より迷いがなく、神様(漫画の)より救いがない。
それがF先生だと思う。

『ウルトラスーパーデラックスマン』『ミノタウロスの皿』も黒いながら余韻と考えさせる何かがある。

21エモンの『ゼロ次元の恐怖』で老人がベルトコンベアで次々と無の世界に送り込まれる話。
しかも時代設定が2008年で、F先生どんだけ暗い未来を想像してるんだろかと思ったもんです。

おすすめは『自分会議』『ある日・・・』『ヒョンヒョロ』

とりあえず『ヒョンヒョロ』だけでもいいから読めと言いたい。




神様(漫画の)の漫画は一人で考えさえられ、その余韻に浸りたい。

でもF先生の漫画は回し読みして、
その投げかけられたテーマに関して、みんなで酒飲みつつあーだこーだ言いたい。
※6





『ニムト』もいっけんお気軽なカードゲームでありながら、
実は人間の本質、業のようなものを思い知らせてくれるところが、
人気のほんとうの理由なのかもしれません。







【今日の教え】


のび太くん、それは”因果応報”ですよ。









(mixi日記2010年12月20日より加筆・修正)
スポンサーサイト

『ドキッ!男だらけのガチムチ重ゲー祭り!』だより/後編の後編 (2013.5.19)

埼玉県越谷市のしゃかえもん宅で不定期に開催しているゲーム会のレポートです。





【前編はこちら】
【後編の前編はこちら】

*******


>『プエルトリコ/Puerto Rico』

http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-2003.html

写真 (44)


先日【ボドゲ説法】でも紹介した植民地経営ゲーム『プエルトリコ』


最適人数だという4人でやりたかったのですが、たかみぃ氏とブラザー氏が残念ながら時間切れでさよなら。

しゃか、みつを氏、ハンター氏の3人でプレイです。




このゲームもルールがややこしいため、事前にインスト用の資料をつくって臨みました。


しゃか「いいですかみなさーん。

このゲームでは商品が5種類でてきます。

インディゴ、砂糖、タバコ、コーヒー、そしてとうもろこし

商品がどうやってできるか。インディゴを例にしますね。

まず、当然インディゴの畑が必要ですよね。それがこの【プランテーション】タイルです。

さらに、採れたインディゴを染料にする【生産設備】が入りますよね。

そして、畑と設備があっても、それぞれに【労働者】がいないと意味がありません。労働者はこの茶色い錠剤みたいなやつね。


そしてそして、労働者というのはすべからく怠け者なので、【監督】が命令しなければ働きません。


まとめると

(【プランテーション】+【生産設備】+【労働者】)×【監督】 ⇒ 商品!

という公式になるわけです。ここテストにでますよー。」

一同「はーい」

写真 (51)


しゃか「さて、次は赤ちゃんのつくりかたですが――――」





ゲームの目的は終了時に勝利点を一番獲得していること。勝利点を得るには大きく2つのルートがあります。


ひとつは商品を貨物船に積んで出荷。これは商品の数がそのまま勝利点になります。

もう一つは建物。商品を市場で売ってお金に変え、それを元手に建物を建てます。建物にはそれぞれ勝利点がついています。

このどっちを重視するかで戦法がかわってきます。



そしてこのゲームの進行方法でとても特徴的なのが、いわゆる”ヴァリアブル・フェイズ・オーダー”というシステム。

このゲームでは、開拓フェイズ、建設フェイズ、商品生産フェイズ、輸出フェイズなどいくつもフェイズがあるのですが、

それらのフェイズは、誰かがそれを選ばないかぎり、実行されません。

実際には各フェイズに対応する役割タイル(【監督】【建築家】【開拓者】など)を選ぶことで行われ、
たとえばだれかが、開拓者をとると、開拓フェイズがはじまり、順番にプランテーションタイルを獲得することになります。

それぞれの役割タイルにはとった人にだけ与えられるボーナスがあり、誰がどれをとるつもりなのか、自分は今どれをとればいいのか、という思考がゲームの中心になります。

さらに建物はそれぞれ特別な効果を持ち、どんな組み合わせで建てるのか、いろいろな戦法があって悩ましいです。



ゲーム開始!


序盤。

ハンター氏とみつを氏が建物【農地】(プランテーションを引くとき1枚追加でゲットできる建物)を買占め、プランテーションの数を稼ぎます。

しゃかは建物型戦法でいこうと決め、建物のコストを安くできる【石切り場】をたくさん得る作戦。
石切り場は【開拓者】を選んだプレイヤーだけが獲得できる特別なプランテーションですが、
しゃかは建物【建築小屋】を建てることで、ほかの人が【開拓者】をとったときでも【石切り場】を選べるようにします。


が、2人もある程度プランテーションを得ると【開拓者】を選ばなくなり、しゃかの【建築小屋】が無駄になってきます。。。

しかもハンター氏が農地の効果で引くタイルがことごとく【とうもろこし】だらけ

【とうもろこし】は商品の中で唯一、生産設備なしで生産することができます。(畑で刈りとりゃええだでね。)

そのかわり市場での売値は0ですが、輸出品としてはいちばん効率がいい。

ハンター氏が出荷型でいくのは明らかです。



中盤。

しゃかはタバコの生産ラインを確保。
さらに【小さい市場】【大きい市場】(それぞれ、商品を売るたびにお金+1、+2)を建設して、
じゃんじゃんタバコで儲ける仕組み(=JT)をつくりあげます。

しかし、下手に【監督】で商品を生産してしまうと、そのあとハンター氏が【船長】を選び、輸出されてしまう。
そうすると輸出は全員強制なので、せっかく市場で高く売れるタバコが本国にごっそり搾取されてしまいます。

タイミングをうまく見定めなければなりません。

その背後で、みつを氏は商品をまんべんなく生産し、輸出でも市場でもそれなりに美味しい思いをできる体制をつくりあげてきます。



終盤。

みな真剣そのもので、いままでのように下ネタをいう余裕はありません。※1

ハンター氏は、【造船所】(自分専用の輸出船を持てる)を建て、2ターンに1度は大量得点できるように。

しゃかは、ボーナス点のついた大きな建物を2種類立てて、どんどん街を発展させていく。

みつを氏もコツコツ勝利点もお金も稼いでおり、安心できません。


最終盤。ここで誰かが【市長】を選べば、入植者のストックが切れてゲームが強制終了になることが明らかに。

しゃかは最後の手番。【建築家】でもうひとつ建物を建てるか、【市長】で入植者をとるか迷います。

最終的に、しゃかは【砦】(ゲーム終了時入植者3人につき1点のボーナスを得る。)を持っているため、ここで入植者を得るほうが良いと判断します。

終局。

みつを氏29点。ハンター氏38点。

しゃかは入植者が17人になり【砦】のボーナスは17÷3で5点、ほかの分を合わせると37点。37点!?


ハンター氏に1点届かない!


いや待て!入植者コマは小さい、数え間違いがあるかもしれない・・・。
18個あれば6点、そうすればハンター氏と同点で、その場合お金が多い方で俺の勝ち・・・。


1、2、3・・・・・15、16、17・・・・17!!!




やっぱし17!!!




『エルグランデ』のときもそうでしたが、なんだか今回しゃかは1点差に泣く結果が多かったです。。。



いちおう最終的な各自のゲームボードの写真をば。

こちらハンター氏↓もろこし長者!

写真 (48)


こちらみつを氏↓広大なプランテーションを持っているので、もう少し長引けば【公邸】(プランテーションの数が多いほど勝利点ゲット)を建てられて逆転されたかもしれない。

写真 (47)


こちらしゃかえもん↓写真で確認してもやっぱり17人しかいないんだよなぁ・・・

写真 (45)



たっぷり2時間以上かかり、噂のとおり重たかったですが、いろいろ戦法を試したくなり、時間さえあれば続けてやりたかったー。





  • ※1
    みんな普通にプレイしちゃうから、この余談のコーナーに書くネタがないじゃんか!




  • *******


    おまけ。>>>『かくにゃんぼうサイコロ/躲貓貓賽子』

    http://www.bigfungame.tw/



    ・・・親父ゲームばかりで疲れきった心とアタマを最後にデトックス。

    写真 (49)



    可愛いいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!



    先日のゲームマーケットで購入したこの『かくにゃんぼうサイコロ』台湾のデザインチームBIG FUN GAME/大玩卓遊の新作です。※1

    猫ちゃんの顔・耳・手・肉球・尻尾の描かれたカードが伏せてあり、
    サイコロを3個ふって出たマークと同じカードを3枚めくれたら1ポイントゲット。
    3ポイント先取で勝ち。(公式ルールは10ポイント先取。)


    ありていにいえば、トランプの神経衰弱の変型なのですが。


    とにかく可愛い。印刷もニスの厚盛りでぷっくり膨らんでたりして芸が細かいです。






    しゃか、みつを、ハンター氏で3人プレイ。


    4×4の16枚しかないものの、さっきまでの重ゲーの疲れもあり、ミスの連続。
    直前にめくられたカードも覚えていない始末。

    さらに【ねこじゃらし】をめくると3枚選んで場所が入れ替えられちゃったりするので、そうなるともう無理。


    ハンター「これはこれで、けっこう疲れますね。。。」
    みつを「まあ神経衰弱だからね。。。」



    しゃか「【肉球】!【肉球】!【猫顔】!!!よし!!!」


    しゃかが3ポイント先取し勝ち。本日初めてにして唯一の優勝でした。※2



    • ※1
      ゲームマーケットのブースで「これどういうルールなんですか?」ときいたところ、「スミマセン。ニホンゴ、アマリウマクナイ・・・」といわれてしまい、詳細不明だったのですが、こんだけ可愛かったらジャケ買いですわ!!!



    • ※2
      やっぱりぃ~しゃか的には~かわぃくないとやる気でなぃってぃうかぁ~。





    ********

    という感じで、男たちの宴は幕を閉じたのでした。





    最後にみんなで記念撮影。↓



    写真 (50)




    みなさんお疲れさまでした~。




    次回『しゃかえもん!ボゲ太の魔界大ボドゲー!』(ファンタジーゲーム特集の予定)

    たーーーのしみにまっててねえーーーーーーーーー!
プロフィール

しゃかえもん

Author:しゃかえもん
********
埼玉県越谷市あたりに生息。

108の煩悩を操る煩悩マイスター。

非電源系ゲーマーです。(ボードゲーム、カードゲーム、TCG,TRPGなど)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter : @shakaemon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。