しゃかえもんのボドゲ説法vol.5  『ファウナ』

1631936240_233.jpg



しゃかえもんが趣味のボードゲームについてのよしなしごとを、そこはかとなく書き付けるコーナー。あやしうこそものぐるをしけれ。






*****






作者は、ミドリ色の髪の毛がトレードマークの鬼才、フリードマン・フリーゼ。


つくるゲームのほとんどに、自身のイニシャル「F」で始まるタイトルを付け、

ゲームのパッケージは緑色、

という独特なこだわりを持つ人気デザイナーです。


ゲームの内容も、ブラックなテーマや、クセのあるシステムに定評があり、
まさに"鬼才"と呼ぶにふさわしい人物。

漫画家でたとえるなら、
水木しげる永井豪

ファッションへのこだわりの点では、楳図かずおが似ているかもしれません。※1 



今回紹介する『ファウナ』
ご多聞にもれずあたまに「F」がつき、ちょっとほかにない独特な雰囲気を持ったゲームです。(箱は残念なことに黒)

(詳しくは → https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ix=seb&ie=UTF-8#hl=ja&output=search&sclient=psy-ab&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%83%8A&oq=&aq=&aqi=&aql=&gs_l=&pbx=1&fp=f6550c77c8f63243&ix=seb&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.,cf.osb&biw=1366&bih=643



*****


ゲーム内容は一言でいうと、"動物クイズゲーム"です。

毎ラウンド、動物が1匹、カードでお題として示されます。
プレイヤーは回答者となって、お題の動物の「生息地域」「体長」「体重」「しっぽの長さ」を推測して、ボード上に自分のコマを賭けていきます。

・チップがあるかぎり一度に何箇所でも賭けられる(はずれるとチップ没収)
・一か所の答えに賭けられるのは先着一名のみ。
・正解の隣に賭けた人もニアピン賞で点が入る
・正解の範囲が小さいほど当たったときの得点が大きい

というルールが、単に知識を問うだけでない、ギャンブルゲームの要素を強めています。




最初にこのゲームの情報をきいたときは、
「子ども向けの教育ゲームだな。フリーゼも丸くなったな。」と思い、あまり注目していませんでした。

ところがどっこい。

一度やってみるとわかるのですが、
このゲームをはじめると、「子どもっぽい」とも「大人っぽい」ともなんともいえない、
独特の空気が発生します。


とりあえず、みんな口数が増えます。


本来だまっていたほうがゲーム上は有利なはずなのですが、
どうしてもしゃべらずにはいられない。


「いやいやワニガメそこまでデカくないって~」

とか、

「俺これ知ってる!『どうぶつ奇想天外!』でやってた!」※2

とか、

「なんか毛深いし北の方じゃね?」

とか。


誰かの自信満々なうんちくにのっかって、みんながその答えの近くに集中して賭けると、
結局まったく的はずれで全員大量失点になったりして、
高度情報社会におけるソースの信頼性の確認の重要性を実感したりします。


いい大人が、「ハダカデバネズミ」のしっぽの長さで熱くなる。

そういう、普通の生活ではあまり味わえない体験ができる、
とても稀有なゲームなのです。


F・F、あなどりがたし。。。


フリーゼ氏に限らず、ゲームデザインを仕事にする人たちの脳みその仕組みがどうなっているのか、非常に興味深いです。


*****


しかし、あるボードゲームのネットラジオで言っていたのですが、※3

「"自然"に勝るゲームデザイナーはいない」、と。

このゲームに登場する動物たちの、
微妙に推測できそうで、
微妙に推測しきれない感じ。

これはなかなか人間が考えて設定できるバランスではない、と。

戦争のシミュレーションゲームにおいても、架空の世界の地図をつくってやるよりも、
第一次大戦当時の実際のヨーロッパの国境線をつかったほうが、ずっとドラマチックなゲームになるそうです。

歴史による自然淘汰こそが、最高のデザイン活動であり、テストプレイであるということでしょうか。

ドイツのゲームには、ルールが極端にそぎ落とされたシンプルなものが多いですが(ごきぶりポーカーなど)、
そこまでいくと、もうなんだかそのゲームデザイナーがつくったというより、
そのゲームデザイナーが"発見した"
と言うほうが合っている
と感じるモノがあります。


日常や自然の中から、ゲームを発見し、みんなで遊べるようにカタチにする。
そういう意味ではゲームデザイナーって「イタコ」みたいな存在なのかもしれませんね。







【本日の教え】

困ったときのマダガスカル。 ※4





  • ※1

    しゃかは小学生のときから楳図先生の大ファンです。『赤んぼう少女』ではおもにタマミちゃんに感情移入して読んでいたのですが、そのあたりでちょっと自分の人格がおかしいことに気付くべきでしたね。ほかにオススメは『おろち』『漂流教室』など。





  • ※2

    仙石正一先生のご冥福をお祈りします。





  • ※3
     
    男子必聴。『バブル大佐とマダムザザの ボードゲームおっぱい』(→http://www.boppai.com/





  • ※4
     
    身内のゲーム会で遊んでいたとき、誰も知らない・考える手がかりすらない珍獣が出てくるたびに「とりあえずわかんないからマダガスカルあたりじゃね?」と賭けてみたら意外と高確率で当たったことに由来。




(Mixi日記2010年12月01日より加筆・転載)
スポンサーサイト

『こどもの日だよ!しゃかえもん 越谷ボードゲーム祭り!』 だより (2012.5.5)

埼玉県越谷市のしゃかえもん宅で不定期に開催しているゲーム会のレポートです。


*****



5月5日はこどもの日。いまだ大人になれない男たち総勢9名が参加しました。(しゃか、ブラザー氏、ハンター氏、タカシ(仮)氏、みつを氏、レイジ氏、DD氏、きんげん氏、綱渡り氏)。

遊んだゲームは、マジック・ザ・ギャザリング/ドミニオン/インカの黄金/ジャングルスピード/ワードバスケット。

以下にレポートいたします。

↓ ↓ ↓ ↓

*****



>『マジックザギャザリング』 http://mtg.takaratomy.co.jp/

005_convert_20120507104142.jpg


以前の記事でTCG(トレーディングカードゲーム)をさんざんディスっているわたくしですが、→http://shakaemon.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

実は1年ほど前からちゃっかりプレイヤーに復帰しております。“業(カルマ)”っておそろしいですね。

といっても、ここ半年くらいは仕事などが忙しくまったく触れていなかったので、この日はだいぶテンションあがった状態で参加しました!


『マジック・ザ・ギャザリング(MtG)』は現在あるすべてのTCGの元祖といってよい、非常に由緒正しいカードゲームでございます。

5月4日に新しいカードセット『アヴァシンの帰還』が発売されたので、今回はそれに合わせての開催でした。

通常は、事前に自分専用のデッキ(カード束)を用意してそれで対戦するのですが、
今回は6パックシールド戦という形式で遊びました。

これは、集まったその場でカードのパックを開封し、そのとき出てきたカードだけを使ってその場でデッキを組み、対戦する。という形式。

事前の準備が必要なく、気軽に遊べるのでお勧めです。
また普段ならデッキに入れない弱いカードでも、無理やり使わざるを得ないので、本気で勝とうとするとそれなりのスキルが必要な、玄人向けの遊び方でもあります。※1





朝10時集合。
参加したプレインズウォーカー※2 は6名。しゃか、ブラザー氏、ハンター氏、タカシ(仮)氏、みつを氏、レイジ氏。

しゃかがゲットしたカードは写真の通りです。

事前にカードリストなどを一切見ていなかったため、パックを開けるたびにケッコン?キセキ?なんじゃこりゃの連続。※3

レアカードにいまいちピンとくるものがなく、噂で「白が強いらしい」とだけ小耳にはさんでいたため、とりあえず白をメインにし、青のカードで結魂(ケッコン)で呪禁(ジュゴン)が付くクリーチャーが強そうだったので、青をサブに合わせて、白青デッキにしました。

しかし、いまいちうまく回らなかったため、対戦が終わるごとにサブカラーを青から赤に換えてみたり、白青赤の3色にしてみたり、一時はなぜかシールド戦なのに60枚デッキになったり、、、紆余曲折しました。※4


しまいには、最終戦の前にハンター氏に教えを乞うたところ、
「おしゃかさん、これ緑のほうが強いですよ。なんでつかわないんですか。」
と言われれる始末。。。

結局最後までデッキの方向性が定まらないままでした。



3回戦終了し、優勝したのは、緑の強力なクリーチャーで他を圧倒したタカシ(仮)氏。10/8トランプル持ちは手付けられねーよ。。。※5



しゃかはドベでしたが(想定内です)、最後に対戦したレイジ氏の恩赦でブービー賞のプロモカードをいただきました。(狙い通りです)


その後、それぞれ持ち寄ったデッキで普段どおりのフリー対戦をやったり、トレードしたり。初対面の人が何人かいましたが、急速に打ち解けていましたねー。



※1 まぁしゃかえもん的には、「どうせパック買うなら、それで遊ばないともったいない」という貧乏根性の方がおもな理由です。
※2 「次元を歩き回る人」。マジックザギャザリングの世界設定では、プレイヤーは多次元世界を自由に行き来きできるプレインズウォーカーとなって、そこで見聞きした生物やら呪文やら出来事やらを、魔法力(マナ)を駆使して呼び出して戦うことになっています。中二くせーのなんのって!
※3 結魂(ケッコン)も奇跡(キセキ)も、『アヴァシンの帰還』で追加されたキーワード能力。MtGの場合、新しいカードセットにはだいたい新しい能力やシステムをもったカードが入ってます。結魂はまさにクリーチャー同士をケッコンさせる能力。
※4 シールド戦の場合、デッキは40枚くらいにするのが普通です。なんか完全に血迷っていました。
※5 『道壊しワーム』と『ウルフィーの銀心』が組み合わされると、そういうひどいことになります。


*****


>『ドミニオン』
 http://hobbyjapan.co.jp/dominion/

MtGで場が温まり、おうじ氏が合流したところで、本日のメインデッシュ、『ドミニオン』

前々から、MtGの仲間には絶対にオススメしたいと思っていたのですが、ようやく実現しました。

予想通り、全員楽しんでくれました。

というかむしろどハマりしてくれました。。。

基本的にTCGに慣れている人たちなので飲み込みが早く、最初のゲームが終わった直後から戦術論に花を咲かせてしまうレベル。
ちょっと怖いくらいでした。俺は危険なものをすすめてしまったのではあるまいか。。。

レイジ氏曰く「これは人間をダメにするゲームだ。」

たしかに麻雀のような中毒性があり、体力さえ続けば永遠に遊んでいたくなる魔力があります。携帯アプリなんかダウンロードした日には、わたくしのような心の弱い人間は速攻で破滅の人生を歩む自信があります。くれぐれもみなさん気を付けましょう。※1


なお、サプライの選び方は、全員が自分のお気に入りのカードを1種ずつ選び、残りはゲームマスターがバランスを考えて選ぶ、というハウスルールが、なかなか楽しめました。※2


※1 しゃかえもんは自己防衛として『ドミニオン』をやるのはゲーム会のときだけ、という制限かけております。
※2 何度か遊ぶとかならずお気に入りのカードができるのが、これまた面白いところです。ちなみにしゃかえもんは『改築』が一番好き。




*****



>『インカの黄金』
 http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=1236


002_convert_20120507104634.jpg



タカシ(仮)氏が帰宅し、きんげん氏、綱渡り氏が合流。ファミマにお酒とお夜食の買い出し。


戻ってきたところで遺跡探索ゲーム『インカの黄金』を7人プレイ。※1


しゃかえもん流のオリジナルルールとして以下を追加して遊びました。

・意思表示カードのかわりに、コインを握っていっせいのーせで出す(進むなら握り、降りるなら握らない。)※2
・山札を二つに分け横に並べる。めくるときはどちらかを選ぶ(右に進むか左に進むか)。
・カードをめくる代表者は持ち回り。一枚めくるたびに、その時点でのこっている人の中で時計回りにめくる人をかえる。
・秘宝カードはすべて10点扱い。手に入れたらカードのまま手元に置いておき、換金はゲーム終了時に行う。

やってることは基本ルールとあまり変わらないのですが、探検の雰囲気とチキンレースっぽさがぐっと増すので持っている方はお試しください。



第1ラウンド
:早々に危険カードが三種類めくられ、危険な状態。そのあいだに早くも綱渡り氏が一人秘宝の持ち逃げに成功。しゃか含め半分くらいの人がのこったが、いまいち伸び悩んだまま2枚目のへびが出て終了。

第2ラウンド:やはり最初の方で危険が多く、しゃかは早々に退散。しかし、後半ハンターがひとり残った状態で怒涛のフィーバータイム!!!降りた連中からの「いや~ここはまだまだいくでしょ、男なら。」という精神攻撃にも負けず、しっかり「帰りますー」と宣言して帰還するハンター氏。※3

第3ラウンド:遅れを取り返そうと意気込むしゃかであったが、開始4~5枚目で自ら火炎の罠にかかり死亡。ブーイングの嵐。

第4ラウンド:みんな慣れてきて、駆け引きがはげしく。静かな熱狂がそこにある。しかし、それを容赦せず打ち破るしゃかのカードめくり運!「へび2枚めえ。。。」

第5ラウンド:あまりおぼえていませんが、すぐに終わった気がします。(終わらせたのは俺じゃないよ!たしか)


結局2ラウンド目のフィーバーが効いて、みんなが30点前後のところ、ハンター氏が40点以上とって断トツ優勝でした。※4


※1 このゲームをやるにはなるべく大勢かつ奇数人がアツい。つまり7人がベスト!
※2 ほんとうは専用にコインを用意したいのですが、今回はみんな財布の中にあった10円玉、スロットのコイン、1セント硬貨(きんげん氏よ、なぜ持っていた!)などを使いました。
※3 こういうところで人生決まるんでしょうね。
※4 しゃかは9点です。攻めの気持ちがちょっと足りなかったかな。


*****

>『ジャングルスピード』 http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-1496.html


ちょっと計算脳が疲れてきたので、「体を動かしましょう」ということに。

これまたテッパンの認知能力系アクションゲーム。※1

ハウスルールで「正座して手はおひざ」を課したのですが、
みなジャングルで暮らしていたころの血が目覚めるのか、どんどん鼻息が荒く、言動がワイルドになっていく。それでも正座を強制しているため、もどかしい感じがにじみ出て面白かったです。

そんなわけで早抜けして解放された人たちの方が、無駄にテンションが高くなっていました。※2

最後の3人になると、均衡がなかなか崩れずラチがあかなくなったため、ハウスルールを導入。あと5回対決が起こった時点での山札の枚数で決着、ということにしました。

レイジ氏が常人を超えた反応速度で一気に抜け、みつを氏ときんげん氏のタイマンに。
皆が固唾をのんだり野次を飛ばしたりするなか、きんげん氏が痛恨の一撃をくらいゲームセット。最後はお互いをたたえ合い、スタンディングオベーションとなりました。※3

※1 なにしろフランスで100万部以上売れたとかなんとか。
※2 しゃかは一人、ご近所から通報されないかビクビクしていましたが。
※3 「これボードゲームやない、スポーツや!」


*****


>『ワードバスケット』
 http://jaga-tokyo.com/wordbasket/


ここで残念ながらおうじ氏が帰宅。

またちょっとちがう脳みそを使おう、ということで、
リアルタイム系格闘しりとりカードゲーム『ワードバスケット』を6人でプレイ。

総合的なボキャブラリー能力(早さ・正確さ・面白さ)が試されるゲームで『言語野の格闘技』の異名があります。※1

はじめての人が何人かいたので、通常ルールで2回ほど遊んだあと、
「縛り」ルールを導入することに。

個人的にはこのゲーム、「○○縛り」として、言える言葉の範囲を限定したほうが格段に面白くなると感じています。

いままで遊んだテーマは、
「サブカル縛り」
「ちょいエロ縛り」※2
「ハードボイルド縛り」
などがありました。


今回の縛りは「ロック」!


ロックを感じさせる言葉ならなんでもよい。としました。

しかし、思えばこれが惨劇のはじまりだったのです・・・




始めのうちは
「ふりーだむ!」「ロックだねー!」
「こどく!」「ロックだねー!」
と順調だったのですが、

「てくの」あたりから、「それはロックの範疇にはいるのか?」というような疑問がさしはさまれるようになり、 ※3
「あくむ」は果たしてロックか?「むかしのなかま」は果たしてロックか?など、いちいち審議が入るようになってきました。

しゃかが出した「いつだつ」に対して、綱渡り氏より審議請求が入り、話し合いになりましたが、
「おしゃかさんが『逸脱こそロックだ!』と言うのを聞けば聞くほど、俺はロックを感じなくなる」
という、もうどう反論していいんだかわからない理由で取り下げざるをえませんでした。※4




まあ最終的にはレイジ氏の「おれんとこ、こないか」で全員納得してゲームセットしたんですが。



※1 しゃかえもんが命名しました。
※2 ちょっとだけエロスを感じさせる言葉縛りです。あくまでちょっとだけです。(例:「すもも」「もりなが」「かめのこたわし」)
※3 そういえばこのメンバーはもともと大学時代の軽音楽部のつながりなので、ロックについて議論するのは鬼門でした。
※4 ロックってなんですか?



*****



>(ふたたび)『ドミニオン』



夜も11時を過ぎて、綱渡り氏がここでサヨナラ。

ほかのメンバーも終電で帰る予定でいたのですが、「『ドミニオン』がやりたい!」という意見が多数だったので、覚悟を決めて朝までコースとなりました。

プレイヤーはみつを氏、レイジ氏、きんげん氏、ハンター氏の4人。しゃかえもんはゲームマスターに徹しました。

今度は拡張セット海辺のカードだけ使い、とくにジョーカー級のカード『海賊船』を使用。

予想通り、全員で『海賊船』の打ち合いになっていました。

こうなると銀貨、金貨がまったく売れないという普通ならありえないゲームになります。

結局『漁村』と『商船』の強さに早めに気付いたハンター氏が勝ったもよう。


ゲームマスターは1時を過ぎたころから強烈な睡魔に襲われ、コーヒーを飲んだり夜風に当たったりいろいろがんばったのですが、いつのまにか撃沈しておりました。

みなさんは始発まで遊んでいたようです。ゲーマー根性はおそろしいですね。


*****






というわけでひさしぶりのゲーム会は大盛況のうちに終わりました。参加したみなさん楽しい時間をありがとうございました。

次回は6月あたまごろ、『梅雨だ!一番!越谷ボードゲーム祭り』開催予定です。

たーのしみにまっててねえーーーーー



プロフィール

しゃかえもん

Author:しゃかえもん
********
埼玉県越谷市あたりに生息。

108の煩悩を操る煩悩マイスター。

非電源系ゲーマーです。(ボードゲーム、カードゲーム、TCG,TRPGなど)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter : @shakaemon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR